和香味

茶作人Local

和紅茶づくりの始まりは、ポケットに入れた茶葉から

オーガニック和紅茶の先駆者でもある、飯塚園。
親子2代で営む茶畑では、お茶本来の美味しさへの探求心から、
日々挑戦を続けています。

飯塚園

飯塚園Tea Farmer

自然の摂理に感動し、有機農法を始めて四十余年。
自然と対話し、化学肥料を一切使わない手間のかかる
有機栽培でこそ、美味しいお茶ができるとの信念を持ち、
丁寧にお茶づくりをしています。

茶日記

飯塚園 茶畑を育む

父・飯塚武司が和紅茶作りを始めたのは1977年。
元々、日本茶畑を営んでいたところに「日本茶の
茶葉が紅茶になる」という
話を聞き、一握りの茶葉をポケットの中で時折揉
みながら発酵させ、
紅茶ができたというのが始まり。
素直で誠実なお茶づくりへの姿勢は、作り出され
る純粋な紅茶にも反映されています。
現在は息子・稔がそのチャレンジ精神をも受継ぎ、
親子で茶畑を育んでいます。

飯塚園 有機肥料

菜種や豆腐、醤油の絞りカス、地元産のおからや鰹節など、
食べられるくらいの有機肥料を国内から探し出し、使用しています。
程よい塩分(ミネラル)も加わり、よりあま味が増すよう
肥料の研究と改良を重ね、さらに美味しいお茶づくりを目指しています。

飯塚園 根が一番大切

お茶づくりは、その「根」が一番大切です。
ミミズなどの生き物が耕すふかふかの土の中で、
根は1〜2メートル程伸びていきます。
こだわりの有機肥料により、
土の中では微生物が活発に活動し、地温も上がるほど。
こうして最高のあま味が引き出されるのです。

静岡 藤枝

静岡 藤枝Origin

藤枝市は静岡県中部地方に位置し、駿河湾を眼下に望む温暖な地域。
江戸時代には東海道の宿場町としても栄え、古くから歴史の残る土地柄です。

みかんの木

豊かな自然と水、そして穏やかな気候により、
緑茶やしいたけ、いちご、米のほか、
みかんなどの柑橘類の生産も盛んです。

共立アイコム 代表取締役社長

共立アイコムProducer

和香味は、静岡県藤枝市に本社を置き、六十余年に渡り、
印刷業・情報発信業として地域と共に歩んできた共立アイコムが、
地域活性に貢献したいとの思いから、
プロデュースしたブランドです。

世界和紅茶会議

近年盛り上がりを見せている国産紅茶。
国産紅茶ならではの旨味や飲み方、空間、食文化までを「和紅茶文化」という新しい価値として、
国内、世界に発信していくために世界和紅茶会議を組織し、開催するなど、
静岡県藤枝市の主産品である緑茶葉の新たな販路開拓のお手伝いを通して、
地域活性に貢献できるよう取り組んでいます。

トップページへ