茶日記Diary

2016.07.05

茶工場 和香味

スクリーンショット 2016-07-26 15.24.16スクリーンショット 2016-07-26 15.24.39スクリーンショット 2016-07-26 15.21.13スクリーンショット 2016-07-26 15.29.30スクリーンショット 2016-07-26 15.36.02
摘み取られた茶葉はそのまま工場へ。
揉まれた茶葉を温度調節しながら乾燥させていきます。
緑色の茶葉がだんだん茶色に変わっていき
工場の中は新茶とはまた違った香ばしい香りに包まれています。
ふるいにかけた良いカタチの茶葉が残り
美しい今年の和香味ができあがりました。

2016.07.04

二番茶 茶摘み

7月上旬。
連日30℃を超える暑さの続く藤枝
立っているだけで汗が溢れ出てきます。
そんな中、飯塚園では2番茶の刈り取りがはじまっています。
茶摘み前の草むしりもひと仕事ですよ。

スクリーンショット 2016-07-26 15.01.56スクリーンショット 2016-07-26 15.04.34スクリーンショット 2016-07-26 15.01.05
  
ウンカ(白い小さな虫)に吸われた茶葉は茶色く枯れ
美味しい紅茶になると言われています。
この茶葉だけを集めて作られた高級紅茶もあります。
飯塚園の茶畑でもウンカが
美味しい茶葉をたくさん吸っていました。

IMG_1311

2016.05.02

茶揉み

_P7A0269

_P7A0301

_P7A0313

_P7A0318

工場では苅り取ったばかりの1番茶の新芽を蒸して揉む作業をしています。
100度で蒸された茶葉を時間をかけて揉んで乾燥させます。
手で触って確かめながら微妙な温度と時間の調節を行ないます。

2016.05.02

茶摘み

_P7A0413

_P7A0358

_P7A0339

5月上旬。
1番茶の茶摘みがはじまっています。
まだ柔らかで初々しい新芽を順番に苅っていきます。
これからが本番。1年でも一番忙しい時期を迎えます。

2016.04.20

新茶

_P7A9329

_P7A9279

4月下旬。
太陽の光をいっぱいに浴びて鮮やかな緑が一面に広がってきました。
いよいよ今年の1番茶の茶摘みの時期を迎えようとしています。

 

1 2